今のマンションphotoを買うまで

マイホームが欲しいと思っていて、この辺でマンション

私が家を買ったのは15年前のことです。
ずっとマイホームが欲しいと思っていて、この辺でマンションを探していました。

 

不動産屋にも足しげく通っていたのを覚えています。
不動産屋の担当者もすごく親身になってくれ、いい物件が出るとすぐに連絡をくれました。

 

うちは4人家族なので、最低でも3LDKのマンションが欲しいなと思っていたんです。
子供にそれぞれ個室を与え、残った部屋は夫婦の寝室にと考えていました。

 

LDKは15畳位あったら十分・・・なんて思っていたんです。
ところが、担当の人が持って来てくれた物件にとてもいいものがありました。

 

4LDKのマンションでとても安かったんです。
しかも、LDKは20畳もある物件。

 

一度見に行こうということになり、行ってみると、とても日当たりが良くて気に入りました。
また、内装もとてもいいものばかり使っていて、どう考えてもお得な物件でした。

 

結局その物件を購入し、今は家族仲良く快適に暮らしています。
高く家を売却する時に

賃貸物件を探すならリフォーム物件に注目

賃貸物件を探すならリフォーム物件に注目

 

賃貸マンションやアパートに住む場合、その家賃は概ね立地場所や付近の環境、間取りや広さ、築年数によって左右されます。
簡単にいえば、良い条件の物件になるほど家賃も高くなるといえるでしょう。

 

ただし、中には立地場所もよく広さも十分で機能性も悪くない賃貸物件を安く借りることが出来る場合があるのです。
それは、全面リフォームを施した物件を探すことになります。

 

全面リフォームを施した物件は、築年数が経っていることから、周りの同じような間取りや広さの物件に比べて家賃が安く設定されていることが多いのです。
ですが、リフォームされているため築年数が経っていても、内装も美しくキッチンやトイレ、バスなども最新式のものに取り替えられているため、古さを全く感じさせない物件に生まれ変わっています。

 

ですから、家賃が安くても快適な生活を送ることが可能なのです。
例えば、築10年の賃貸物件を選ぶよりも、築20年以上が経過していても全面リフォームをほどこしたら物件のほうがスタイリッシュで機能性にも優れているため、後者の物件を選ぶ方が家賃も快適さも上ということになるでしょう。

 

また、なるべく毎月の賃貸料を抑えたい場合は新築や浅築ではなくこうしたリフォーム物件のほうがトータル的にメリットが高いという場合もあります。
このように、賃貸物件を探す場合はこうしたリフォーム物件にも注目してみてくださいね。